BLOG

 

視点を変えれば

自宅で過ごす時間がほんとうに増えました。

穴熊のような生活は嫌いじゃないタチで、

本を読んだり読まなかったりしていますが、その中から今日は一冊。

 

「日常の殺人 EVERYDAY MURDER」。なかなかオドロオドロしいタイトルです。

作者は『日常生活のなんでもない行動を殺人にたとえて描いた』と言います。

1テーマ1ページ完結。たとえば、こんな感じ。

「すぅーすぅー。薄い皮膚をキメにそって切り取っていく。切った皮膚はところどころ

厚かったり薄かったりするが、計画通り、胴体を半分に切らなかったことは

見た目にも良かった。あぁ、芸術は遠くにあらず」

そして、挿絵が…

リンゴの皮むき。サイコかと思いきや。

日常の行動も、見方を変えれば残忍なシーンにすら変わります。

 

角度を変える。視点をずらして見る。

日頃の仕事でも意識はするものの、これが難しいですよね。

いつもやわらかい思考でいたいなぁとぼやきつつ、

巣穴のような自宅でとりあえず、今日のおやつはリンゴにします。