BLOG

 

6/18 7:58

着替えていると急に目の前がぐらぐら揺れたので
一瞬なにが起こったかわかりませんでした。
次の瞬間、これはかなり大きい地震とわかり、
急いで子どもたちを抱えて布団をかぶってじっと。
心臓が飛び出るか!というくらいの動悸。
 
大阪で震度6弱の地震。
出勤前だったので家族と震えながら、
しばらくはニュースから目が離せませんでした。
 
少し落ち着いてきたところで会社のメンバーや実家にLINEやメールで連絡。
しっかり繋がる通信網に感謝&科学の進歩をしみじみと。
阪神大震災では、なかなか連絡がつかなかったなぁと思い出しながら。
そうしていると昼までにはメンバー全員の無事も確認できました。
 
ただNONのビルは大阪市北区にあるので、その日は全員自宅待機。
次の日、出社すると大きな壁面の本棚が倒れていたり、
倒れたMACのモニターにヒビが入ったり、
地震の爪痕を見て、出社する前で良かった〜と。
その日は会社で仕事をしていても一日中落ち着きませんでした。
 
 
あれから1週間ほど経ちますが、
余震やトラックの通る振動など、どこにいても少しの揺れを感じただけでドキッとします。
今もどこか足元がおぼつかない感じです。
今回の地震を機にNONではMACや棚の転倒防止、防災ヘルメットの用意、
全員のLINEグループの設定など
防災の事を今一度考えさせられました。
 
それにしても、忘れた頃にやってくる地震のたびに
自然の中での人間の無力さをひしひしと感じてしまいます。
 
ちなみに自宅で一番大きな被害は
あさりの砂抜きの塩水が
台所中をびしょびしょにしたくらいでした。