BLOG

 

通勤は、楽しい

時はゆく、否、過ぎゆくは、我らかな。

そんなこんなで僕も気がつきますと、

猫で言えば5歳4ヶ月くらいになりました。

 

そこで思ったわけです。

「大人の漢として、ノリモノくらいはいいものに乗ろう」

購入に至る道のり語りをすると、

前・中・後編の長編三部作になってしまうので割愛。

 

眼鏡はCAZAL。戦車はTIGER。六角レンチはWERA。

僕はなにかとドイツ贔屓です。ドイツ贔屓でいたい人です。

そんなこんなでドイツ車を購入しました。

命名「暴れ猫」。

 

日々の通勤が楽しくて仕方ないですよ。

帰りは遠回りして一生懸命帰ったりしてます。

クロモリフレーム&カーボンフォークなナウいCRIT仕様。

ギア比は48:16の3。もう少し重くしようか検討中。

丹田から発せられた僕のパワーが、

腰と股関節を経由して、太腿で爆発、スムースなジョイント膝ロール、

脹脛をゴーストレイト、足首からつま先へと伝わって、

スラムなクランクからダイレクトにペダルを踏んだり引っ張ったり。

まさか、37歳になって休みの日に自転車の練習をするとは

思ってもみませんでしたよ。

 

朝はウキウキ、帰りはリフレッシュ。結果、仕事が捗る。

そう、「暴れ猫」があればね。

 

最後は、自転シャ会人心得の一つで締めたいと思います。

「志とサドル位置は高い方がいい。しかし、高すぎるプライドは身を滅ぼす」

為になるな〜。あるあるですよね。何事も程度が大切ということですね。

いい具合を見極めてお仕事したいと思います。